プロ野球FUN

某プロ野球ファンのプロ野球を楽しむためのブログ!! これを知れば「超」野球通!!「セイバーメトリクス」の紹介や、野球を幅広く楽しめるコンテンツあり!!

(プロ野球を「楽しむ」編No.2)白熱中の日本シリーズをさらに楽しむ!! 響の「日本シリーズクイズ」!!

(ホーム)当ブログについて - プロ野球FUN

 こんにちは!! と申します。当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

 今回は、

プロ野球を『楽しむ』編」

の第2弾として、

「白熱中の日本シリーズをさらに楽しむ!! 響の『日本シリーズクイズ』!!」

をお送り致します!!

 白熱中の福岡ソフトバンクホークスと、横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ。今回は、その日本シリーズをさらに楽しんでいただくために、日本シリーズ」をテーマとしたクイズを、10問お届けいたします!!

 プロ野球好きの方は、全問正解を目指していただきたいですね!!

 答えは、問題の下の部分の空白を、マウスドラックすると見る事ができます(昔ながらのやり方ですみませんw)

 では、早速、クイズに挑戦してみましょう!!

2017年日本シリーズ終了前時点(2017/10/29)の答えを用意しております。

 

 

 

Q1、セ・パ合わせて最も日本一達成回数が多い球団は、言わずもがな読売ジャイアンツ(22回)ですが、セ・リーグ球団で、日本一達成回数が2番目に多い(巨人に次いで)球団はどこでしょう?

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

東京ヤクルトスワローズ

A、③東京ヤクルトスワローズ(5回)

 セ・リーグ球団の日本一達成回数は以下の通りです。

巨人・22回

ヤクルト・5回

広島・3回

DeNA・2回(2017年日本S終了前時点)

中日・2回

阪神・1回

 ヤクルトの5回の内3回は、野村克也政権下でのものでした。

 

Q2、パ・リーグ球団で、日本一達成回数が最も多い球団はどこでしょう?

福岡ソフトバンクホークス

埼玉西武ライオンズ

北海道日本ハムファイターズ

A、②埼玉西武ライオンズ(13回)

 パ・リーグ球団の日本一達成回数は以下の通りです。

西武・13回

ソフトバンク・7回(2017年日本S終了前時点)

オリックス・4回

ロッテ・4回

日本ハム・3回

楽天・1回

 西武の日本一連覇回数4回は、巨人の2回を上回り、消滅球団を含む歴代の全球団最高です。

 

Q3、初代日本一球団は、どこでしょう?

読売ジャイアンツ

オリックス・バファローズ

千葉ロッテマリーンズ

A、③千葉ロッテマリーンズ

 セ・パ2リーグに分裂した1950年の日本Sは、セ優勝の松竹ロビンス(1953年に太陽ホエールズ=現DeNAに吸収合併され、消滅)と、パ優勝の毎日オリオンズ(現ロッテ)の対決となり、毎日が制しました。

 

Q4、最も日本一から遠ざかっている球団はどこでしょう?

オリックス・バファローズ

阪神タイガース

広島東洋カープ

A、③広島東カープ(最後の日本一は1984年)

 各球団が、最後に日本一を達成した年は、以下の通りです。

日本ハム・2016年

ソフトバンク・2015年(2017年日本S終了前時点)

楽天・2013年

巨人・2012年

ロッテ・2010年

西武・2008年

中日・2007年

ヤクルト・2001年

DeNA・1998年(2017年日本S終了前時点)

オリックス・1996年

阪神・1985年

広島・1984

 

Q5、日本シリーズMVP最多受賞者は誰でしょう?

長嶋茂雄

金田正一

王貞治

A、①長嶋茂雄(4回)

 長嶋氏の4回の内3回が、V9時代のものでした。

 なお、王氏と金田氏は、意外にも受賞経験がありません。

 

Q6、唯一の「複数球団での日本シリーズMVP受賞達成者」は誰でしょう?

工藤公康

秋山幸二

清原和博

A、②秋山幸

 秋山氏は、1991年に西武で、1999年にダイエー(現ソフトバンク)で、日本S MVP受賞を達成しています(現役通算で2回)。

 工藤監督は1986・1987年に日本S MVPを受賞しています(連続受賞達成者は、他に長嶋茂雄氏と堀内恒夫氏の2人のみで、この3人の2年連続が最高)。

 なお、清原氏は、意外にも日本S MVP受賞経験がありません。

 

Q7、日本シリーズ屈指の名場面「江夏の21球」が誕生したのは、何年の日本シリーズでしょう?

①1975年

②1979年

③1980年

A、②1979年

 「江夏の21球」は、1979年の近鉄バファローズ(2004年にオリックスに吸収合併され消滅)との日本シリーズ第7戦・広島1点リード9回裏に誕生しました。

 3勝3敗のタイで第7戦を迎えた広島のクローザー・江夏氏は、この場面で、無死満塁のピンチを迎えますが、後続を断ち、チームを球団史上初の日本一に導きました。

 9回に投げた球数が21球だったため、「江夏の21球」と呼ばれています。

 なお、対戦相手の近鉄も、球団史上初の日本一をかけて戦っており、この日本Sを落とした近鉄は、そのまま1度も日本一を達成できぬまま、2004年、55年の歴史に幕を閉じました。

 

Q8、王貞治氏率いる福岡ダイエーホークス(現ソフトバンク)と、長嶋茂雄氏率いる読売ジャイアンツが対決する事となった、いわゆる「ON」対決は、何年の日本シリーズだったでしょう?

①1999年

②2000年

③2002年

A、②2000年

 日本中が注目した2000年の日本Sは、ダイエーが2連勝した後、巨人が4連勝し、長嶋氏率いる巨人に軍配が上がりました。

 

Q9、5回以上日本シリーズ出場経験のある球団の中で、最も日本シリーズ制覇率(日本Sに出場して、日本Sを制した確率=日本S優勝回数÷日本S出場回数)が高い球団はどこでしょう?

東京ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

千葉ロッテマリーンズ

A、①東京ヤクルトスワローズ(制覇率.714=制覇5回/出場7回)

 日本Sに5回以上出場した球団の日本Sの制覇率は、以下の通りです。

ヤクルト.714(出場7回・制覇5回)

ロッテ.667(6回・4回)

巨人.647(34回・22回)

西武.619(21回・13回)

ソフトバンク.438(16回・7回)(2017年を除く)

広島.429(7回・3回)

日本ハム.429(7回・3回)

オリックス.333(12回・4回)

中日.200(10回・2回)

阪神.167(6回・1回)

 出場5回未満の球団の制覇率は、以下の通りです。

楽天1.000(出場1回・制覇1回)

DeNA1.000(出場2回・制覇2回)(2017年を除く)

 なお、消滅球団で、日本S出場が5回以上ある球団はありません。

 日本S出場を経験している消滅球団も、松竹(1回・制覇無し)と近鉄(4回・制覇無し)のみです。

 

Q10プレーオフ(現CS)がパ・リーグに導入された2004年以降、リーグ戦勝率1位以外の球団が日本シリーズに進出した回数(リーグ戦勝率2位以下の球団が、POまたはCSを勝ち抜いた回数=いわゆる「下剋上」の回数)は何回でしょう?

①4回

②5回

③6回

A、③6回

 以下は、「下剋上」6例の一覧です。()内は、日本Sの結果です。

2004年・2位西武(制覇)

2005年・2位ロッテ(制覇)

2007年・2位中日(制覇)

2010年・3位ロッテ(制覇)

2014年・2位阪神(敗退)

2017年・3位DeNA

 

 

 

 いかがだったでしょうか!? プロ野球のオールドファンの方や、かなり詳しい方なら、全問正解された方もいらっしゃったかも知れませんね!!

 今回の「日本シリーズクイズ」楽しんでいただけたのなら幸いです!!

 

 

 

当ブログの記事を最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!!