プロ野球FUN

某プロ野球ファンのプロ野球を楽しむためのブログ!! これを知れば「超」野球通!!「セイバーメトリクス」の紹介や、野球を幅広く楽しめるコンテンツあり!!

(プロ野球を「研究する」編No.31)打者の四球と三振の比率を見るBB/K

(ホーム)当ブログについて - プロ野球FUN

 こんにちは!! と申します。当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

 今回は、

プロ野球を『研究する』編」

の第31弾として、

「打者の四球と三振の比率を見るBB/K

をお送り致します!!

 

 

「研究する」編で使用される、”奇跡の野球の分析手法”「セイバーメトリクス」とは!?>

 

 セイバーメトリクスとは、野球の戦略・戦術や競技者(選手)を、統計学すなわち「科学」を用いて分析・評価するという、今までにない斬新な手法の事です。野球の本場・アメリカMLBでは、この手法を導入したオークランド・アスレチックスが、資金難による低迷から脱して常勝球団になった事等もあって、セイバーメトリクスの有用性が認められており、この手法を用いた球団運営が主流となっています。

  野球の常識を覆し、弱小球団を常勝球団に変貌させる等の数々の奇跡を起こした、いわば”奇跡の野球の分析手法”であり、これを知れば、あなたも「超」野球通です!!

セイバーメトリクス入門シリーズ カテゴリーの記事一覧 - プロ野球FUN

 

 

<打者の四球と三振の比率を見るBB/K>

 

 今回は、BB/K(四球÷三振)という、セイバーメトリクス系の打者の指標を紹介します。

 

 BB/Kは、三振に対する四球の割合を測るための指標で、数値が高い程好ましく、三振に対する四球の割合が高いという事になります(「BB」は四球を指し、「K」は三振を指します)。

 四球を増やすには、ボールをじっくり見る必要があり、そうなると三振も増えやすくなるため、四球を増やしながら三振を減らすのは決して容易ではありませんが、出塁率を稼ぐ上では、それが重要とも言えます

 当然四球を選べば出塁率が上がりますが、三振を減らしても、それだけ前に打球が飛ぶ様になるため、安打が増えやすくなるためです。

 

 では、2017年に規定打席に到達した、両リーグ55人のBB/Kと、OPS等のその他の重要な打撃指標との関係を見てみましょう。

f:id:baseballsabermetrics:20171220060909j:plain

 

 BB/Kと出塁率との相関係数こちらのページの中ほどから説明があります)は約「0.66」で、予想通りBB/Kと出塁率には、それなりの相関が見られました。

 当然、

・「三振回避≠出塁(三振を回避しても内野ゴロ等の凡打に倒れる事もあるので、三振しなかったからといって、必ず出塁できる訳ではないから)」

・「四球=出塁

なので、出塁率を上げるには、三振を減らす事よりも、四球を増やす事の方が重要であるという事には注意が必要ですが、BB/Kを向上させる事は、出塁率を上げる事において、ある程度効果的だと言えます。

 

 一方、BB/Kは打者の長打力を一切反映しないため、BB/KとOPSとの相関係数は約「0.22」で、BB/KとOPSには、あまり相関が見られませんでした。

 やはり、ゲレーロ選手の様に、BB/Kが芳しくなくても、長打力でOPSを稼ぐ選手も見受けられます(OPSはリーグ5位)。

 BB/Kが優秀な(芳しくない)打者は、攻撃貢献度が高い(低い)という図式は、成り立たないという事です。

 

 しかし、長打力の無い打者にとってBB/Kは、重要であると言えます

 長打力が無い打者は、その分沢山塁に出る必要があり、とにかく三振を減らして打球を前に飛ばし、四球も増やして、ヒット以外でも塁に出る努力をしなければならないからです。

 

 共に5本塁打未満の、中日・京田選手とDeNA・倉本選手は、BB/Kが圧倒的に酷く、出塁率が3割に満たない程酷いため、OPSで両リーグワースト5入りしています。

 特に、倉本選手は、2016年もBB/Kで0.224(三振98・四球22)という酷い値を記録しています。ワーストナインの記事で、DeNA首脳陣の倉本選手のレギュラー起用を批判しましたが、大してパワーが無いのに三振を量産し、四球もまともに選べず、出塁率が3割を切る様な選手を、フルイニング出場させるDeNA首脳陣の行動は、やはり問題視されるべきでしょう

 

 逆に、ここ2年でも、以下の3選手は、本塁打1桁台ながら、OPS 8割を達成しています。

・2016年のロッテ・角中勝也選手(BB/K 1.063・OPS.877・出塁率.417)

・2016年の日本ハム西川遥輝選手(BB/K 0.646ながら、ゴロ打ちに徹し、左打ちという特性と、俊足を生かして内野安打を量産・OPS.802・出塁率.405)

・2017年の広島・田中広輔選手(BB/K 0.742・OPS.805・出塁率.398)

 やはり、西川選手以外の2選手は、BB/Kが優秀です(西川選手のBB/Kも良い方)。

 

 当然、長打力を身に付ければ長打率も上がりますし、相手バッテリーが警戒してくるので、四球が増え、出塁率も上がります。だから、思い切って長打力向上に挑戦するのも手ですし、打撃がどうしてもダメなら、守備力を高めてチームに貢献するのも手です。

 しかし、努力とやり方次第で、自分のスタイルを貫きながら、チームに貢献する事もできるのです。

 

 

 

 今回は「BB/K」という指標を紹介して参りました。

 いかがだったでしょうか!?「四球と三振の比率」という、新しい視点で選手やチームを見ると、また新たな発見があるかも知れませんね!!

 

 

 

当ブログの記事を最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!!